トップページへ新着情報各種案内ダウンロード書評┃ サイト内検索
日本思想
日本文学
江戸人物読本
日本文化
美術・芸能
日本の歴史・伝記
西洋の歴史・伝記
東洋文化
西洋文化
エッセンスシリーズ
人類学・民俗学
政治・経済
季刊日本思想史
江戸文学
日本の美学
日本思想史講座
相良亨著作集
日本思想・個人全集
近世儒家文集集成
近世儒家資料集成
山東京傳全集
叢書 禅と日本文化
定本日本絵画論大成
明治人による近代朝鮮論
新訂日本名所図会集
新聞資料
文芸・随筆
実用書
一般書
なるにはBooks
5教科が仕事につながる!
探検!ものづくりと仕事人
しごと場見学!
発見!しごと偉人伝
こだわりシリーズ
仕事シリーズ
至言社
神田外語大学出版局

江戸文学 第30号
 
江戸文学 第30号
著者原道生
 深澤昌夫
 韓京子
 矢島正浩
 佐谷眞木人
 正木ゆみ
 崔宰熒
 冨田康之
 井上勝志
 染谷智幸
 久堀裕朗
 今尾哲也
 信多純一
 阪口弘之
 内山美樹子
 元田與市
 井田太郎
江戸文学 第30号
 
A5判・220頁


ISBN4-8315-1087-4
ISBN978-4-8315-1087-7

2004 年発行 

近松作品の総体的把握を目ざして=原道生/近松の「闇」=深澤昌夫/近松浄瑠璃における滑稽の趣向=韓京子/言語資料としてみた近松世話浄瑠璃の文体=矢島正浩/近松浄瑠璃と『平家物語』-『佐々木大鑑』を視座として=佐谷眞木人/近松浄瑠璃『せみ丸』の魅力-先行作摂取の様相を通して=正木ゆみ/近松世話浄瑠璃に見る人物造型-『冥土の飛脚』を中心に=崔宰熒/『長町女腹切』試論-腹切の背景=冨田康之/『栬狩剣本地』の主題と手法=井上勝志/半兵衛とは誰か-武家と商家の臨界点=染谷智幸/享保期の近松と国家-『関八州繋馬』への道程=久堀裕朗/●コラム 続・術語としての「時代」=今尾哲也/近松展に今後の研究指針を見る=信多純一/近松と大坂=阪口弘之/近松生誕三五〇年記念の文楽上演=内山美樹子/●論文 ふしぎの物語-春雨物語「二世の縁」=元田與市/抱一・其角のかたられ方-近代における文学史構築と江戸ノスタルジーのはざま=井田太郎

Copyright 1999 PERIKANSHA Publishing Inc. All rights reserved.